ホーム > スポーツ > スポーツの似ている

スポーツの似ている

現実にコンピュータの画面の前に座って止まることなく上下している為替レートをご覧になっているとすぐにトレードをしなくてはいられないという欲求に突き動かされる事も多いです。

 

だが、不確かな勘で取引することは間違ってもしてはいけません分かっていると思いますが、相場は昼夜を問わずいかなる時でもいずれかの為替市場が開かれているし、相場もどういう時でも動いています。

 

そうであっても、何度も取引を繰り返していると、その回数だけマイナスになる危険が高まってしまう。

 

当たり前ですが、注文の数を積み重ねる事で勝ち負けの確率が半々になるのは事実です。

 

しかしそれは「はっきりしない思いつきでエントリー」することとは別問題です。

 

トレード回数を積み重ねるという意味は、自ずから「ここはいける」と感じた勝機を得た場面でのトレード回数を積み重ねるという事を意味します。

 

ただ、のべつ幕なし売買を積むのとは明らかに違う。

 

外国為替相場の駆け引きに勝つためには、白分で主体的に緩急をつけることこそが大事だ。

 

「ここがチャンス」とよく考えた外国為替市場の時には、迷うことなく所有ポジションを多くして思い切り利益を求めます。

 

「明らかに分からない相場でどう変化するのか思いつかないな」と思った時は思い切って保持ポジションをひとつ残さず閉じて何もしません。

 

それぐらいのけじめをつけた方が結果的には取引はうまくいくものだ。

 

マーケットの格言には「休むも相場」というものがある。

 

本当にその通りだと思います。

 

相場とは休みなく売買ポジションを持っていることが肝心な事ではなくポジションを所持せずじっと見ていることも場面によっては取引です。

 

では、どういう時に、休むべきなのでしょうか。

 

第1に考えられるのが、前に述べたように、直近の外国為替市場が明確に難しいときです。

 

現状からどうなるのか見通せない時は、ヘタに動くと、自ら作ったストーリーとは逆方向にマーケットが向ってしまい損してしまいます。

 

だから、そういった場面ではポジションを整理して何もしないで静観しているのが良い方法です。

 

第2に、自分自身の体の具合がよくない時です。

 

コンディションと相場につながりがない感じる人もいると思いますが現実には思ったよりつながりがあります。

 

体の状態があまりよくなければ、相場の大少な状況で必要不可欠な決断が難しくなります。

 

関心がわかない時は、取引から遠ざかる事も必要な事です。

 


関連記事

  1. スポーツの似ている

    現実にコンピュータの画面の前に座って止まることなく上下している為替レートをご覧に...

  2. テスト

    テスト記事です。...